カテゴリー別アーカイブ: 未分類

98歳父と中国(大連)の旅

私の父は98歳。
いたって元気である
父の母校と初勤務地である旅順と大連の旅に出かける。
母校は旅順師範学校で大連の日本橋小学校の教員として終戦まで勤務していた。
父は終戦直後に大連港を日本に向けて出港する船に日本橋小学校長の「教員及び家族は今すぐ船に乗れ」という指示にしたがい慌てて乗船し日本に帰ることができたらしい。
父は船に乗り遅れた多くの人々は大連に進駐してきたソ連兵により大混乱となり右往左往の逃げ惑う餓鬼状態や貴重品を略奪され大変な状態になった後で知る。

父の同僚の多くは満州各地に先生として派遣され大連までの移動と乗船まで苦難を強いられることとなったようです。

2年前に私の4男(父の孫)が大連勤務になり父を大連に連れていく約束をしたのですがその約束を守れなくって再び大連に旅立つことにしました。

img_1417
(左が私70歳 右が父98歳 中央に見えるのは父の好きな富士山 中央高速初雁PAにて)

2016年10月1日成田空港から大連に向けて飛び立ちます。
我が家からの方位と距離
限りなく北西に近い西で距離は1600Kmで日盤の世界です。
dairen1

奇門遁甲を使う
20161001
この盤から日盤の西は景門で甲丙の★青竜返首で数値+22の大吉
でも北西は死門で辛乙で-23の大凶です。
境界線に限りなく近い西ですが挑戦してみますが父は98歳、果たして奇門遁甲の効果が出るかは?

98歳、70歳親子 大連の旅日記を書く予定です。
お楽しみに

丁について(奇門遁甲)

三奇の丁について
陰陽五行での丁は火の陰で情緒的な知的な扱いですが三奇では丁は知恵の象徴として扱われます。
文昌、文曲、化科という感じで卓越した知識と技量がそなわります。

大吉 吉効果は大変強い
吉効果が得られる
吉凶はあまり出ない
凶効果がでるので注意が必要
大凶 凶効果が大変強

丁奇が天の場合は下記図の象意がでやすい。

象意 コメント
試験に大吉。文章に関しては大変良い。 三奇の丁を甲尊が支える
昇進・昇給に良い。 (丁)知恵を乙(人の和)が補佐
動けば崩壊する。引越しには大凶。 滞在が短ければ吉
頭脳明晰の方位。 丁(知恵)×2の成果
知的センスが光る。順調に推移する。 戊の信頼が丁を支えるため
男性の精力が高まり色情の暗示あり。 丁の情緒と己の魅力が逆効果を生む
信用は増大し、アイディアは即実行でチャンス拡大。 丁の知性が庚の剛が吉(ただし速攻)
スキャンダルで被害をこうむる恐れあり。 辛は道理を求めるだが相性が悪い
理想の伴侶に出会う暗示。人間関係が良好。 壬は勝利を求める(陰と陽の吉の相性)
悪運に取り付かれ願いは叶わず。 癸は陰で本来は水の相性の悪さが凶

丁が大きな役割をしていることをお忘れなく

丙について(奇門遁甲)

丙は三奇の中で勝負に勝つという要素を与えられています。
陰陽五行で丙は火の陽です。
三奇は特別な力を丙は与えています。
本来の五行の火は南北ラインなので華麗なる知恵の象徴ですが三奇では丙は勝負師の力がそなわります。
甲尊の参謀として大きな力を発揮します。
もっとも有名な天地が甲丙の青竜返首(青龍は幸運のシンボル、その青龍が首を返してこちらに向かってくる。すなわち幸運が訪れる)です。
天地が逆の丙甲は飛鳥跌穴(通常では考えられない空を飛ぶ鳥が自分から跌穴{罠の穴}に入る。努力もしないで{実利}を得る)大チャンスがやってくる。
丙が天地に入ると知恵と勝負の感が冴えるのです。

天が丙では下図を参照してください。

象意 コメント
強運あり、大チャンスは即決即断(飛鳥跌穴)。 ◎飛鳥跌穴
女性は魅力に満ちあふれ大もてする。 丙のかけ引きと乙の調和が魅力を生ずる
急がば失敗、穏やかに落ち着いて! あせりが失敗を呼ぶ
名誉・財産のチャンスが廻ってくる。 丙の勝負勘と丁の頭脳が合体
努力が報われる。財運に吉。 丙の力量と戊の信頼がまわりが認める
恋の誠実。良い話がある。 己の持つ魅力が作用するため
紛失や詐欺の恐れあり。交通事故にも注意。 丙の火の陽と庚の金の陽は克で凶作用が強い
病気快方に向かい。出会いから恋に発展する。 辛は金の陰で道理を求める作用がプラスに転ずる
良い出会いがある。金運もあり。 丙の火の陽と壬の水の陽は克だが短期によし
亀裂があらわれ悪化の方向に向かう。 陽と陰の組み合わせだが悪意に遭遇

奇門遁甲の丙は武曲星のような軍をまとめ攻撃のチャンスを確実にものにする判断力と統率力をもった最良の武将です。
三国志では諸葛孔明のような感じかしら?
封神演義では武王で姫発(きはつ)が武曲星のモデルです。

丙を有効活用して金運をゲットしてください。