カテゴリー別アーカイブ: 未分類

帰りはどうするの?

過去に書いた文ですが編集しなおしました。

気学でも奇門遁甲を使う場合でも起点(出発地点)は重要です。
起点は滞在時間が長いほど起点としての力が蓄えられます。
自宅を起点とするのは寝泊りや生活の基本が備わっているので理想です。
会社や学校なども日々滞在しているので使えますが効果の力は弱まると思われます。
旅や出張で使う場合は初めの1泊目が重要になります。
初めの1泊目はなるべくゆっくりと早めに休み効果の力をもらうようにしましょう。
翌日はほかの場所に移動する場合は起点としては力不足で使えないと思ったほうが良いです。
短期の出張や旅では帰りは参照程度でよいでしょう。
私は帰りは最近では方位と時間は使っていません。
以上は2014/8/8追記

 奇門遁甲を使って目的地から帰る時は地点での滞在方法や時の長さで違ってきます。
旅行で訪れた場合は観光で歩き回るのでその地での起点としての力が蓄えることができないでしょう。
そのため、帰りの盤は無視して良いと思います。
(気になる場合は数値の強い凶は避ける程度でよいでしょう)

時盤で出かけて目的地で用事を済まして帰宅する
2時間滞在すると起点としては使えるでしょうが力不足ですから6時間くらいの時間はほしいです。
この場合も帰りは無視して良いと思います。
注意:会社や学校など静が確立される場合は起点としては成立しますので効果は弱いとは思いますが使えます。起点を会社や学校などの出先で使う場合の注意点
出先は時盤で使うほうがよい。
日盤は出先のほうが家にいるより滞在が長い場合は使えるでしょう。
起点としての力はその地点に長くいるほうが強いということは前回書いた通りです。

1泊した旅行でも24時間滞在すると日盤を使える状況はできますが起点としての力は弱いので日盤は無視して良いと私は感じています。
時盤も参照程度で凶の数値が強くなければ問題ないでしょう。
ただし、出発の盤が凶で出かけている場合は吉時盤で帰ったください。


自宅→羽田→北海道釧路市(たんちょう釧路空港)→北見→女満別空港→羽田→自宅
出発日は2012年10月12日ANA-NH0741羽田→釧路
帰りは10月19日ANA-NH4752女満別→羽田
10月12日の日盤は自宅→釧路は東北で傷門で甲丙 ★ +15
時盤は自宅→羽田空港で方位は東の6時の杜門 乙丙 +11

帰りは日盤も時盤も使わず(北見→女満別→羽田→自宅)
毎日が動(移動しまくり)で静が取れない状態だったのが理由です。

次の例2012年1月31日
私の使った例では最近ではボルネオ島のキナルバ山では移動が多かったマレーシア(クワランプール)経由コタキナバル→キナバル山登山→コタキナバル→サンダンカ→コタキナバル→ジョホールバル→クワランプール→東京(羽田)

クワランプールではバドー洞窟やケタム島などホテルは寝るだけだったので帰りは日盤を参照した程度だった。
時盤は使わなかった

くわしくはこちらのページ(キナバル登山)

Q&Aに戻る

 

五行について私の意見

五行の時

五行は時が定まっています。
水(北)は冬であり真夜である。
木(東)は春であり夜明けである。
火(南)は夏であり真昼である。
金(西)は秋であり夕暮れである。
土はその間を取り持つ土用であり間(あいまい)の時間である。

地球の歴史感でもあると思うようになってきましたので私の意見を
地球上に生命が誕生したのは海です。
水は生命誕生の海の時代
sAmmonoid  コピー画像

次に地上を謳歌したのは恐竜の時代です。
地上には植物が生い茂り巨大な恐竜時代の食物連鎖には十分の環境でした。
この時代が木です。
stop00コピー画像
この時代に始祖鳥が生まれています。
恐竜の時代は惑星が地球衝突で消滅し舞い上がる噴煙で冬の環境で植物の育成も滞り羽毛の鳥類と小食の小動物の世界が始まる。
火の時代です。
s091001-04-feathered-dinosaur-fossil_bigコピー画像
俊敏な動物の時代が始まる金の時代となります。
s1200px-Singapore_Zoo_Tigersコピー画像
そして土の中央に君臨する人の時代と考えると面白いでしょう。
sHuman.svgコピー画像

 

水の時間は地球が安定し海に原生動物が生まれそして進化するという気が遠くなるような時間を費やして生命が生まれてきましたから水にはその質を今も持っているのかしら?

木は巨大な恐竜を養うだけの植物が生い茂っていた時代。
圧倒的なパワーを連想します。
地上の楽園の時代かな~

火は鳥類の時代です。
この時代は時間軸で見ると短く、すでに小動物(トカゲのような)から胎盤を持つ動物の時代へと変化したのかも?

金はびんしょうな動物の時代スピード感が恐竜とは違う
瞬時に駆け抜ける機敏さの時代かしら?

そして人間が誕生し周りを支配する中央に君臨ということになります。

5gyou

でも時間はここで終わりではないのでまた海の時代へと移行するのかしら?
今の時代を見ていると地球が悲鳴を上げるもの時間の問題のような感じが私には感じるのです。
すると水の時代がマジカに迫っているということかしら?

画像はインタネットからコピーしたものです。

三角コースをめぐる旅

新宿が自宅とした例
自宅から早朝に新潟に用事で出かけ1泊して翌日は長野で友達と会って1泊し自宅(新宿)に変える場合の奇門遁甲の使い方

ukai

起点(自宅は新宿と仮にしています)から新潟までの距離と方位は北で250Km前後です。
1泊して遠方に当てはまりますので日盤を主として奇門遁甲カレンダーを見ます。
出発日が選べるなら北の日盤の良い日探します。
2014/3/17 この日の北は恋+龍(龍遁)+子+健+$で大変良い日です。
特に子運に恵まれる(龍遁は生命の源の海に関する吉という意味でなぜか子運は強い)
× この日を選んだ場合の自宅を出発する時間は4:49~6:49は時間で日盤の効果が出にくい時間帯で小吉+6ですが使わないほうが良い。
 6:49~8:49の時間がダブル効果が狙えて面白いと思います。
 8:49~10:49の時間帯も日盤と相性がよさそうでお勧めです。

20140314

出発時間は49分から10分以上は離して使うようにしてください。

次の日は新潟から長野に向かいますがこの場合は新潟での起点としての滞在が短いので私は奇門遁甲カレンダーは使わなくてもよいと思います。

長野から自宅(新宿)も同じく起点としての力不足で私は使いません。
この場合重要なことは新宿を出発する日と時間の第1日目がポイントです。

理想の形は新潟を1泊し次の日に新宿に帰ることですが三角コースの例の図の旅では効果も迂回コースと同じく落ちるでしょう。