試験で使う

前もって八門が景門で天地のどちらかに丁が入り天地が吉で数値が15以上の方位へ出かけるとよいです。
日盤が理想ですが(日盤の効果は長期間持続するので)時盤でも大丈夫です。
日盤は宿泊する必要がありますが(宿泊しない場合は滞在時間を長くする必要がある)時盤ではその必要はありません(2時間は滞在すること)。
試験の日も自宅出発は吉時間が良いです(無理であれば小凶以上で良いです)。

陰陽五行では五行の火と水(南と北のライン)が知(学芸術)によい。
北は時間がかかる研究や開発に向いている。
南は華麗で「ひらめき」という感じで試験には北より南のほうが向いている。
八卦では南は離宮、九星気学では九紫火星のポジション。
奇門遁甲では八門では南は景門の定位置で景が入った方位
(奇門遁甲カレンダーでは景は吉門で大吉門ではないため数値では大吉門より若干低い)
十干では五行の火は丙と丁、十二支では午と巳です。
奇門遁甲では丁が知(学芸術)に効果あり
気学では午(南)と巳(南南東)の方位も効果ありでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です