三角コースをめぐる旅

新宿が自宅とした例
自宅から早朝に新潟に用事で出かけ1泊して翌日は長野で友達と会って1泊し自宅(新宿)に変える場合の奇門遁甲の使い方

ukai

起点(自宅は新宿と仮にしています)から新潟までの距離と方位は北で250Km前後です。
1泊して遠方に当てはまりますので日盤を主として奇門遁甲カレンダーを見ます。
出発日が選べるなら北の日盤の良い日探します。
2014/3/17 この日の北は恋+龍(龍遁)+子+健+$で大変良い日です。
特に子運に恵まれる(龍遁は生命の源の海に関する吉という意味でなぜか子運は強い)
× この日を選んだ場合の自宅を出発する時間は4:49~6:49は時間で日盤の効果が出にくい時間帯で小吉+6ですが使わないほうが良い。
 6:49~8:49の時間がダブル効果が狙えて面白いと思います。
 8:49~10:49の時間帯も日盤と相性がよさそうでお勧めです。

20140314

出発時間は49分から10分以上は離して使うようにしてください。

次の日は新潟から長野に向かいますがこの場合は新潟での起点としての滞在が短いので私は奇門遁甲カレンダーは使わなくてもよいと思います。

長野から自宅(新宿)も同じく起点としての力不足で私は使いません。
この場合重要なことは新宿を出発する日と時間の第1日目がポイントです。

理想の形は新潟を1泊し次の日に新宿に帰ることですが三角コースの例の図の旅では効果も迂回コースと同じく落ちるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です