五行について私の意見

五行の時

五行は時が定まっています。
水(北)は冬であり真夜である。
木(東)は春であり夜明けである。
火(南)は夏であり真昼である。
金(西)は秋であり夕暮れである。
土はその間を取り持つ土用であり間(あいまい)の時間である。

地球の歴史感でもあると思うようになってきましたので私の意見を
地球上に生命が誕生したのは海です。
水は生命誕生の海の時代
sAmmonoid  コピー画像

次に地上を謳歌したのは恐竜の時代です。
地上には植物が生い茂り巨大な恐竜時代の食物連鎖には十分の環境でした。
この時代が木です。
stop00コピー画像
この時代に始祖鳥が生まれています。
恐竜の時代は惑星が地球衝突で消滅し舞い上がる噴煙で冬の環境で植物の育成も滞り羽毛の鳥類と小食の小動物の世界が始まる。
火の時代です。
s091001-04-feathered-dinosaur-fossil_bigコピー画像
俊敏な動物の時代が始まる金の時代となります。
s1200px-Singapore_Zoo_Tigersコピー画像
そして土の中央に君臨する人の時代と考えると面白いでしょう。
sHuman.svgコピー画像

 

水の時間は地球が安定し海に原生動物が生まれそして進化するという気が遠くなるような時間を費やして生命が生まれてきましたから水にはその質を今も持っているのかしら?

木は巨大な恐竜を養うだけの植物が生い茂っていた時代。
圧倒的なパワーを連想します。
地上の楽園の時代かな~

火は鳥類の時代です。
この時代は時間軸で見ると短く、すでに小動物(トカゲのような)から胎盤を持つ動物の時代へと変化したのかも?

金はびんしょうな動物の時代スピード感が恐竜とは違う
瞬時に駆け抜ける機敏さの時代かしら?

そして人間が誕生し周りを支配する中央に君臨ということになります。

5gyou

でも時間はここで終わりではないのでまた海の時代へと移行するのかしら?
今の時代を見ていると地球が悲鳴を上げるもの時間の問題のような感じが私には感じるのです。
すると水の時代がマジカに迫っているということかしら?

画像はインタネットからコピーしたものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です