三合の吉方位

三合の吉の効果

三合は十二支が関係する強い結びつきのことです。
九星気学でも方位の吉効果は強いので説明します。
三合については「占い教室」も参照してください。
水局三合
子-辰-申が関係する吉効果
五行の水は方位は北、季節は冬、時は夜です。
また水は生命の誕生の海でもある。
水局三合の効果は子供運、男女の関係(SEX)、人間関係、南と北のラインは知(学芸術)に恩典ありと多彩です。
時が子と辰と申の時に効果を発揮します。
3sui水局三合
子と辰と申の時に北か東南東が西南西が吉になり水局の吉効果を期待できます。

金局三合の効果はお金と権力です。
東西ラインは押しの力(剛の質)ですが金局はスピードが持ち味です。
小技を使う、裏をかく、速攻で攻めるという感じで攻めることが取り柄です。
変化の激しい取引や交渉、即断が要求される、相手の裏をかくなど相手の力を技で切り返すような感じでしょう。
財金と権力は速攻が取り柄
3kin金局三合
丑と巳と酉の時に北北東か南南東か西が吉になり金局の効果を期待できる。

火局三合は知恵の効果です。
陽の知(学芸術)で華やかで目立ちます。
水局とは正反対の南で夏で昼ですからまわりが良く見え理解が速い。
学力やアイディアを求めるには最適です。
3ka火局三合
寅と午と戌の時に東北東と南と西北西が吉になりか火局の効果が期待できる。

木局三合は実力が付く正攻法の力を求める
金局に対して真正面から押していく、真の強さを求めていくゆっくりだが確実にという力。
本物の力を身につける。
3moku木局三合
卯と未と亥の時に東と南南西と北北西が吉になり木局の効果を期待できます。


ところで同じ月に同じ効果が期待できます(十二支と月も12か月のため)。

3gouhenka1年は12ヶ月で干支も12で同じ月に同じ方位が同じ効果
上図のように同じ月に同じ方位が吉効果に恵まれる。

ただし、同じ月に同じ九星が巡ってきませんので吉凶は変化しますので「運勢カレンダー」の月盤を参照しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です