奇門遁甲の★マーク

奇門遁甲カレンダーの★のマークは青竜返首という格局です。
2015年8月20日の8時の時間帯(時差数値36)で西だけを表示

20150820

赤枠の西が景(景門)甲丙(天地)★学+25と表示されています。
天が甲(尊)で地が丙(三奇)の組み合わせが青竜返首です。
青竜は幸運のシンボルですからチャイナタウンのお祭りでは一番の見どころに龍の舞が登場します。
その青竜がこちらに向かってやってくるという意味ですから幸運が舞い込むという華僑の人たちのあこがれの格局です。
八門は景門で知恵の門で吉門ですから「学」も追加されています。
他の九星や八神も問題なく数値は+25と大吉です。

甲は甲尊といって王であり統括している存在です。
丙は三奇の一つ(三奇は乙、丙、丁)で幕僚(参謀)として力を発揮します。
ちなみに乙は皇帝の妃という感じで陰のやさしさ、情緒、人間関係で力を発揮
丁は知恵の学芸術で力を発揮する。
甲と丙の組み合わせは王と参謀がしっかりと統治するということで幸運がおとずれる。
五行では甲は木で丙は火ですから五行の相性は大変良いということです。iaifai1←五行の相克の関係で外周は良好な関係
ただし、八門が凶で九星や八神の条件が悪ければ力を発揮できません。
青竜返首は奇門遁甲ファン憧れですがなかなか効果が出にくい格局です。
でも華僑の人たちは大好きです。
楽しんで使ってください。

今回は8/20の8:30自宅出発で使ってみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です