十干と十二支の関係

今回は年と月の関係、日と時間の関係で私の私見を書きます。
十干は甲乙丙丁戊己庚辛壬癸で構成されています(10進法)。
十二支は子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥で交際されています(12進法)。
十干は年と日に当てはめることができます。
十二支は月と時間は12ヶ月で1年、24時間で1日(十二支は2時間が1単位)なので月と時間にあてはまります。
木に例えれば十干は幹に相当し十二支は枝に相当します。
お互いなくてはならない存在ということですね。
このことから年と月の組み合わせ 日と時間の組み合わせが陰陽五行占いを使う場合のポイントとしてとらえたほうが良いと思います。
気学なら年盤と月盤での組み合わせを主に使う
奇門遁甲では日盤と時盤の組み合わせを主に使う

気学
17908
年盤と月盤の組み合わせ

奇門遁甲
kimon
日盤と時盤の組み合わせ

この使い方が私は良いと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です