甲について(十干)

陰陽五行の中で甲は特別な存在です。
六十干は甲子からスタートします。
十二支の子は真夜中であり真冬であり12月の冬至(1年で一番日が短い)の月でもありなのでスタートにはふさわしいのは理解できます。
(ちなみに子の五行は水の陽です)
でも甲から始まるのはなぜでしょう。
甲は五行は木の陽です。
スタートのふさわしい十干は壬の水の陽では?と感じるでしょう。
でも甲から始まるのはこの陰陽五行を制定した皇帝が甲に関係したためではと思われます。

表が横長の修正に失敗したので正方形と思ってみてください。
五行の色と配置図で中央の土に戊(陽)と己(陰)が入ります。
上は北で冬(夜)右は春(夜明け)下は夏(昼)左は秋(夕暮れ)です。
方位は上が北です。
五行では対宮(向かい合っている宮)は剋といって相性が悪い
特に金と木の東西ラインは攻撃的な質
南北ラインは知的な質でともに似通った質同志は敵対関係にあり
中央の土がこの関係を柔軟に支えている。
iaifai1
上図は五行の相剋(相性)黒線が良い相性で茶線が悪い相性
甲生まれの皇帝の陰陽五行が現在に引き継がれているのではと思うのです。
中華街では甲の化身の青龍が祭りを盛り上げます。
もし、庚生まれの皇帝の時代では白虎が祭りを盛り上げていたのでしょう。
でもその時代の陰陽五行は庚が60干のスタートだったでしょう。
庚子九紫から陰遁は始まる。また金と水の結びつきが最良とされていた時代もあったのかもしれません。
その時代は庚が主で辛壬癸が参謀の時代だったのかも?
そうすると甲は凶作用が強く仲間である乙と丙丁も力を発揮できない状態の作盤だったと思うのです。
金から始まる時代は果たしてあったのでしょうか?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です