乙について(奇門遁甲)

十干の乙についてポイントは「人との調和」にあり
十干では甲が特別な存在であることは前回書きました(初めに甲ありき)。
奇門遁甲ではさらに甲は尊として扱われます。
尊は「うやまう」「とうとぶ」という意味のほかに「みこと」という神格された存在です。
乙は丙と丁は三奇といわれます。
奇の意味は「優れた」という意味で「きばつな」という意味ではないので間違わないようにしましょう。
陰陽五行では甲は木の陽で乙は木の陰です。
奇門遁甲では乙は甲尊の妃の扱いで陰の情緒的な扱い方、陰で支えるという感じ太陰星(紫微斗数)の役割でしょう。

象意 コメント
気持ちにゆとりが出て事が順調に運ぶ。 甲が高級感を出す
あせりが失敗を生み実力発揮できない。 どちらかというと凶に近い
仕事・経営・投資に吉。 相性が良くチャンス
文章に関することは大変良い。 知的好奇心に最良
実力発揮でき良い人に巡り会える。婚姻に吉。 出会いに吉
精神的に充実し困難に打ち勝つ。 どちらかという吉
アクシデントに遭遇する。 決裂
困難に遭遇しすべて失敗する。 青龍遁走
女性は金持ちと縁あり、男性は遊興で散財する。 楽園
やる気を失い失敗するが隠れることは良い。 陰遁に吉

天地の天に乙が入ると地に辛(金の陰)はさすがに大凶(五行が剋)になりますが庚(金の陽)でも小凶だし癸(水の陰は奇門遁甲では六義で影を求める)になるのですが小凶ですが隠れることには効果ありとなります。
天地が乙乙では多少は問題がでるが大きな失敗にはならないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です