就活で凶方位の会社に対して

会社の方位が凶方位なので困っているというメールが多いので参考にしてください。

就活で会社を選ぶ場合は方位よりも会社を優先して選んでください。
自分を求めている会社であり、自分が求めている会社を選ぶことが就活では一番大切です。
私の先輩たちの中には会社がすべて家にも帰らず、会社泊をしていたつわもの先輩(私の時代は酒盛りで帰れなくなった先輩のほうが多かったかな~)もいましたが、現在では特殊な場合を除いて自宅から通勤するのが普通です。
この場合は自宅が起点として考えると、就職開始の時点では凶方位かもしれませんが方位の吉凶は時(年、月、日、時間)で変化します。
気学の年盤では下記図(気学の年盤より)

2013年盤 2014年盤 2015年盤
 25nenban  26nenban  27nenban

月盤では毎月のように吉凶が変化してきます。
奇門遁甲でも同じで通勤通学では期待しないほうが良いと書いた通りです。
http://tokoro.sub.jp/Q&A/tuukin.htm
また、就職で転居する場合も方位が凶といっても新人教育もありその地にとどまるということでもなくあちこちへと飛び回るでしょう。

方位は気学だけではなく奇門遁甲もありますからあまり心配しないで自分の好きな会社を選ぶようにしてくださいね(*^_^*)

それでも心配な方はメールをください。

就活で凶方位の会社に対して」への2件のフィードバック

  1. 奇門遁甲 造作法・玄空大卦択日法 とはどのような方法なのでしょうか?

    1. 奇門遁甲の歴史は古く皇帝が変わるごとに大きく変化してきています。
      焚書にも会っていますからどの方式が正しいかは占い師の方は自分が正しいと主張しますがはっきりとわかりません。
      ただ現在使われている奇門遁甲では甲尊が使われていますので甲子の皇帝にゆかりある方式だと推測できます。
      時盤で引っ越しをするという方法ではと思われますが作盤方法も考え方もわかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です