奇門遁甲(きもんとんこう)とは?

移動することで願いをかなえる占い
方位盤に示された吉凶から目的地と出発の時を求め移動を開始し目的地にとどまることで効果を得る占い

盤は4種類の年盤、月盤、日盤、時盤で構成されています。
年盤は立春から大寒までで月盤も二十四節気を使うのは気学と同じです。
日盤と時盤は太陽時間を使い十二支の時刻を使います。
太陽が真上に来た時が正午のため使う地域で時差が生じます。

盤は北、北東、東、南東、南、南西、西、北西の8方位と中宮に区分けされています。
各方位は天干と地干(十干)、八門、九星(気学の九星ではない)、八神、紫白星(気学の九星から五行を外した九宮ともいう)から構成されています。
この組み合わせで象意を占います。

年盤は通常では使いません。
月盤は引っ越しや長期滞在で使います。
日盤は旅行や出張で使います。
時盤は効果がすぐに出やすく色々な用途で使えます。
奇門遁甲では主に時盤と日盤を使います。
日盤は遠方で目的地で長時間滞在が必要で効果が長続きします。
時盤は短距離のも目的地で短時間滞在でも効果が出やすく使いやすい。

奇門遁甲盤は先に書いたように天地、八門、八神、九星、紫白星の状態から吉凶や象意を占います。
判断は高度で難解ですが奇門遁甲カレンダーでは八門、天地以外は吉凶を数値で代用し、主な象意をマーク(漢字や記号)で代用した簡易タイプが入門者には最適です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です