効果が出ない

奇門遁甲の例

バイトの面接でNGになった

20140106
吉時間なのになぜ?という質問。

奇門遁甲の効果は即効で出る場合と後から出る場合とまったく効果が出ない場合もあります。
行運(人生リズム)と関連している場合が多いです。
この場合の行運は気学ではなく四柱推命や紫微斗数の行運が該当します。
運気の低い時期や補佐の凶星が入ると効果は出にくいようです。
もし面接で使うのであれば前もって学の方位で効果を得るようにするほうがよいでしょう。
上記の回答をしましたが、後で盤を出して自宅出発時間が20:30と書いてあり、時差修正すると上図盤になりました。
奇門遁甲は起点出発の時(日)を求める占いですから到着時間は無関係です。
休門で己甲で+9の小吉ですからそれなりの効果が出てもよいかもしれません。
奇門遁甲も万能ではなく、期待するほどするりと逃げるともいわれていますので気楽に使ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です